読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書のはじまり

最近読書はしてますか?読書はしたいけれど、面白い本を探している時間はない。そんな人が、ここで読みたい本を見つけてくれたら嬉しいです

解くだけで人生が変わる! 修造ドリル

自己啓発

 

 

 

"自分を変えたいなら、小さなことからでも始めることです。他の人に迷惑をかけないなら、どんなことでも、何から始めてもいいと思います。そこにはきっと、自分らしさがあるはずです。”

~本書191ページより~

 

日本一熱い男、松岡修造。

 

 

修造さんの著書は結構な数が出版されているが、本書はその中でもわけがわからないというか、修造さんらしさがあふれ出ている一冊だ。

 

修造さんは、いい習慣を身につけると人は変われる、と考えている。

そして、彼が意識してきた習慣は7つ。

1、感じること

2、工夫すること

3、準備すること

4、切り替えること

5、受け入れること

6、反省すること

7、感謝すること

 

本書は、修造さんがこれらのいい習慣を身につけるために実践してきたことをドリル形式でまとめたものだ。

ドリル形式、というのが修造さんらしい。

普通の自己啓発本の見出しの部分を穴にしてドリル形式にし、ページをめくる前にどんな見出しになるのか考えさせてくる。

 

これは単純に楽しい。

修造さんだったらどんな言葉を入れるのだろう、と考えながらページをめくったが、僕は半分くらいしか正解しなかった。

 

でもそれでいいそうだ。

修造さんが作った言葉にとらわれるのではなく、別の言葉を入れたらもっと自分にとっていい言葉になるのであれば、それが自分にとっての答えだし、自分で答えを作るのがベストだと言っている。

 

それぞれの言葉の説明の部分はいかにも修造さんらしく、熱く、ポジティブな気持ちにさせてくれるものが多い。

かと思えば、「何言ってんだ修造」と笑ってしまうような部分も多々あり、修造節も全開だ。

 

例えばこれだ。

"あるとき、おいしいラーメンに感動した僕は、

「どこからやってきた?」

「まいったよ~。金メダル、おめでとう!」

「ラーメンさん。オレの心はもう笑顔!」

と叫んでいました。"

~本書37,38ページより~

 

ほんとかよ?と思う反面、「修造ならやるかもなぁ(笑)」という半信半疑になってしまう。これぞ修造、といったところだ。

 

 

内容は、多数の番組に出演し、報道ステーション等ではテニス以外のスポーツの選手に対しても素晴らしいインタビューを行う修造さんらしく、番組ロケで得た知識や、そこから学んだ知識、インタビューで得たプロの考え等がふんだんに盛り込まれていて、修造さんをあまり知らない人はもちろん、修造さんのファンはより楽しめる内容となっている。

 

 

習慣を7つにしたのはおそらく、スティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』に掛けているのだろう。なかなかウィットに富んでいる。

小さなところだが、修造さんの知的センスを感じた。

 

 

 

★こんな人に読んで欲しい

 

・いい習慣が身についていない人

・いい習慣を身につけたい人

・修造さんに励まされたい人

自己啓発本に飽きた、もしくは自己啓発本が好きでない人

 

いい習慣が身につけば人は変われる、と考えている修造さんだが、同時に、大人になればなるほど身についてしまった習慣を変えることは難しい、とも言っている。

そして、いい習慣を身につけるためには、意識していい習慣を身につけるようにすることが大切だそうだ。

ドリル形式で楽しさの要素を取り入れた本書は、いい習慣を身につける手助けをしてくれる。